クリームソーダをクリソと呼ぶ文化圏

ゆうチュウさんと久しぶりにコメダ珈琲に行きました。

入るまではアイスコーヒーと決めていたのですが、
メニューを見た瞬間急遽変更し、
クリソ注文!

つまり、クリームソーダです。
大阪ではちょっと長い名称を略して呼ぶことが多く、
天神橋筋六丁目は天六という具合です。

こういった文化は一部和歌山にも及んでおり、
親に連れられ喫茶店でクリソ食べるのが楽しみでした。

その記憶が喫茶店に入った瞬間もたげてきたわけです。
緑のソーダの上にソフトクリームもしくはアイスの定番 😕
これです!  😀

アイスを食べ進むうちにアイスとソーダの混在する層ができ、
これがソーダほどきつくはなくまろやかな味を提供してくれます。

しかしまあ、ノスタルジーに浸るおチュウでしたが、
ふと周囲を見渡すと皆さん概ねコーヒー系統、
クリソを頼んでいるおじさんなんていません。

思わず、ちょっと身を乗り出しクリソを隠すようにして、
人に見られないように食べたのですが、
なんでそこまでしないといけないん?

容器の形状にも問題があると思うんですけど ‥‥ 😳

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です