コーヒーの香りのもたらすもの

Exif_JPEG_PICTURE

おチュウはコーヒーが

特に好きということではありません。

むしろ若い頃は苦手でした。

 

一瞬漂う香ばしさには

特別な世界を感じることはありますが、

苦味のある液体のどこがいいのか

まったく理解できなかったものです。

 

いたずらに砂糖とミルクを入れ、

本来の味を消して流し込む、

そんな飲み方をしていたものです。

 

別にコーヒーでなくても

お湯でもいいわけです。

 

でも、

砂糖とミルクはダイエットの敵です。

次第に抵抗感が出てきて、

ついにブラックで飲むことになりました。

 

ところが、

それからです。

何となくコーヒーの良さが分かるようになったのは

 

香りと苦味が

今いる空間での落ち着きをもたらし、

安らぎを感じるようになりました。

 

店によっては、

ただ黒っぽい色がついているだけで

香りも苦味も感じられないコーヒーもありますが、

 

総合的に落ち着いた時間を過ごせればいい

そう思えるようになりました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です