かつて通った喫茶店のマスター

昨日ゆうチュウさんと帰宅途中のことでしたが、
一人の老人が自転車で四つ辻を横切っていきました。

見覚えのある姿に一瞬間を置き、
かつて通っていた喫茶店のマスターだと気づきました。

白髪が増え年取ったなあ 😕
そんな印象でしたが、こちらに気付かず通り過ぎていきました。

行かなくなってもう何年にもなるはずです。
その理由はいろいろありましたが、
ときどき店の前を通ると思い出してはいたのです。

まあ自転車に乗れるくらいだから元気なんでしょう。

ちょっとな懐かしい気もしましたが、
だからといって再度行くのもちょっとなあ 😐

そんな複雑な感情に襲われました。
長く住んでいるとそんな場所も人も増えていきます。

※なお写真の喫茶店ではありません。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です