残す勇気と満腹感の狭間

目の前に並んだご馳走に一度手を付けると
もはや料理がなくなるまで
なかなかやめることはできないものです。

少なくともおチュウの場合はそうです。
と、断っておきます。
そうではない方もおられるかもしれないので

欲望は料理を口に運ぶに従い高まって行き、
加速がついてしまったものは
もはや満腹でこれ以上無理という段階まで突き進んでしまいます。

この辺でやめておけば
明日以降の体重調整も楽かもしれないなあ。
でも ‥‥今が良ければいいか
なんて、楽観主義が頭をもたげてきて
気が付けば目の前の料理は全て胃袋へ

満腹感と虚しさが交錯する
得も言われぬ状況が醸し出されているのです。

途中でやめる勇気
それは尊いかもしれないけれど ‥‥

そして、今日も再び ‥‥

ああこんなことしながら人生が終わるんだろうなあ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です