街の変貌は途切れることなく

以前大阪を感じる瞬間ということで、

天神橋筋商店街のフグ料理の店を紹介しましたが、

それからさほど月日もたたないある日通りかかると

その店が無くなっていました。

 

もう商売やめた?

建て直し?

 

こういっちゃなんだけど、

さほど流行っていた様子でもなかったけど、

店も結構古くはなっていたようだし ‥‥

 

果たして次にどのような建物が建つのか?

やはり店か、はたまた会社のようなものか

 

いずれにしても、

こんな感じで少しずつ街の様子は変わっていき、

次の建物ができた瞬間

前の景観をイメージできる人間はほぼいなくなり

この町も一つ進化するのでしょう。

 

気が付けば古い建物がなくなり、

街が一新されている。

でもその間も時間の経過とともに少しずつ変貌していく。

 

結局、人間社会とまったく同じで、

人間が作ったり壊したりしているわけだから、

その人間もいなくなれば建物の存在価値も変わってしまう。

 

店がなくなり見通しの良くなった空間を前に、

今さらながら、

当たり前のことに気付くおチュウでした。

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です