赤ちょうちんの灯

Exif_JPEG_PICTURE

なんとも親近感を感じさせてくれる —–

わびしさと暖かさの交錯する —–

 

暗い夜道を歩いていて、

角を曲がると突然、

遠くにこの赤いちょうちんが見えると —–

 

昭和演歌の世界が突然香ってくるのです

 

おチュウは古い人間なのでしょうか

熱燗とおでん、いや焼き鳥、いや何でもいい

ちょっとしたつまみがあれば

 

北風吹く通りから身を隠すようにして

店内に入り、

熱燗を流し込んだ時の

体にしみわたる

幸福感!

 

すみません

自分の世界に入り込んでしまいました

妄想が妄想を生み

終わりが見えなくなる ————

 

今夜も熱燗を飲もう!

おチュウはそう決めていました

まだ朝なんですけどね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA