ビーストと魔法使いの旅を見て

img_0185

それにしても洋画を見ていると、何の抵抗もなくその映画の設定された時代やそこから醸し出される雰囲気に入っていける。

ところが邦画を見ていると、これがなかなかそうはならない。

なぜ?

たぶんおチュウが日本に生まれ育った人間だからなんだろう。

この国の歴史や文化、日常生活の隅々までよく知っているために、映画の中に出てくるちょっとした違和感が気になってしまい、全体として素晴らしい映画であったとしても、現実にそぐわなかった些細なことが頭の中に残ってしまう。その結果、不当にその映画の評価を下げているのではないかと

 

おチュウは、先日、ビーストと魔法使いの旅を見ましたが、そういう意味で何の抵抗感もなく映画の世界に入っていくことができ楽しむことができました。

でも逆に当地の人々がこの映画を見ると、あの時代に存在していた細かい設定などに違和感を感じてしまい、おチュウと同じ気持ちになるのかも知れない。

そんな事を考えながら、ビーストを見ていました。

内容はネタバレになるので触れませんが

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です