映画 後妻業の女

先日久しぶりに映画を見てきました。

後妻業の女

内容はネタバレになるので詳しく触れませんが

平日の朝から盛況なのには驚きました。

img_0043

妻に先立たれた資産家の老人に

目をつけ後妻となり、

次々に殺して遺産を独り占めにしていく

恐ろしい内容をコミカルに表現した映画です。

 

約500席の一番大きなスクリーンで

半分近くは席が埋まっているのです。

 

しかも、ほぼ高齢女性

つまり婆さんですが、

その意味するところは何なのか?

おチュウは映画の内容を対比させながら

深く考えるところがありました。

 

一方、高齢男性

いわゆる爺さんが極端に少ない

これも何を意味するのか。

 

老人社会の抱える現実に少しだけ触れたのかもしれません。

おチュウもそう遠くない将来に

仲間入りを果たすことになるだけに

映画より観客の雰囲気が気になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です