道端のアオスジアゲハ

道路すれすれを不自然に飛びながら

片隅の草叢の方へ

 

どうもおかしいと思い

おチュウが近づくと

羽化の時トラブルがあったのか、

片方の羽が先端の方で広がらなかったため、

バランスが取れずまともに飛べないようです。

 

残念ながらもうどうしようもありません

せっかく幼虫、さなぎと危ない時期を生き延び

無事成虫になったかと思えばこの状態

 

自然とは厳しいものです。

春の陽ざしを浴びながらも厳しい現実が忍び寄っていました。

 

通常ではあのアオスジアゲハの俊敏な動きの前に

近づくことさえできないおチュウですが

至近距離から写真が取れてしまうのですから

なんとなく世の無常を感じました。

 

楽天トラベル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です