ツツジの花で思い出すこと

ツツジの花が咲くころになりました。
扇町公園の一画には赤い花が咲き誇っています。

この花を見るといつも思い出すのが、
子供のころ毎年開かれていたお地蔵さんの縁日です。 😀 

近くに日限山という小高い山があり、
そこにお地蔵さんが祭られていたのですが、
4月24日は日限地蔵の縁日でおチュウは楽しみにしていました。

ちょうどその頃庭のツツジの花も咲き始め、
頭の中でこの花の色と縁日がリンクしているのでしょう。

その日は平日でも午前中で授業が終わり、
友達と縁日に出かけた記憶があります。

多くの屋台が並び参道から山の上まで続いていました。
今は祭り自体は廃れてしまったと聞きますが、
遠い日の懐かしい記憶です。


にほんブログ村

紫外線と帽子

長年愛用している帽子があります。

と言いますか、
買い替えるのが面倒くさいのかもしれません。

若干頭が大きいうえにくせ毛のため
フィットする帽子を見つけるのに苦労するのです。

仕方なく被り続けるわけで、
すでにボロボロなのですが
愛着が出てきて体の一部のように感じるわけです。 😀 

ところがゆうチュウさんには不評です。
なぜなら見た目清潔感の欠片もなさそうなのですから ‥‥
地味な色も関係しているかも知れません。

そして今年も出番がやってきました。

このところ晴れた日には紫外線を感じる日が多く、
帽子の助けを借りたくなるわけです。

十分怪しさが漂っていることを自覚しながら、
晴れた日は紫外線を避けつつうつむき加減に歩いています。


にほんブログ村

飲んだ帰りのトボトボ感

若いころのように無茶飲みしなくなったおチュウではありますが、
それでもたまの飲み会ではついつい飲み過ぎてしまいます。

そんなとき、帰りの道の長いこと 🙁 
暗い夜道をトボトボ歩く虚しさは、
靴底に鉛を入れたような重量感があります。

ただそのまま帰るわけにはいきません。
重要な任務を任されているのです。

それはゆうチュウさんにたこ焼きを買って帰ることなのです。

最後の気力を振り絞り、
「たこ焼き八個ください。
醤油味でかつお節、青のり、マヨネーズお願い!」
店屋の兄ちゃんにそれだけ告げ、
即座に家に電話

これが大事なのです。


にほんブログ村

パンケーキの有名な店でパンケーキを食べる

おチュウにはパンケーキというより、
ホットケーキという言葉の方がしっくりきます。 😉 

子供のころ父親に連れられて喫茶店で食べたホットケーキ、
あの風景を未だに引きずっているのです。

あれは昭和の光景で、今は平成もあとわずか、
もうすぐ令和なのですが ‥‥、
記憶とは重いものです。

ところで梅田にパンケーキで名の知れた喫茶店があり、
ゆうチュウさんと入ってみました。

ゆうチュウさんはモーニングサービス
おチュウはせっかくだからとパンケーキを注文 🙄 
コーヒーとパンケーキ二枚重ねで390円
四枚重ねで490円

うーん、朝から四枚はきついかも
悩んだ末二枚重ね注文

店の人がこれメレンゲで作ってます。
ふーん、よくわからんけど ‥‥

食べてみると、
昔のホットケーキとずっしり感が違う。

軽い!
これだったら四枚重ねでもOK

次は四枚だな 😀


にほんブログ村

店頭のデイスプレイ

昼時です。

何か食べようと店頭のデイスプレイで立ち止まる人

これおいしそうだ。
でもこれも良さそう!

迷い出したらいつまでたっても決まりません。 😯 

デイスプレイは店の売り上げを決める重要な位置づけ
だからおいしそうに作り上げてます。

当然個人のイメージと実際とでギャップも生まれます。

だから注文してがっかりすることも多いのです。
だからおチュウは見ないことにしています。 😆 

迷い出したら切りがありませんし、
食べてみないとわからないのであれば、
まず中に入って今日のランチかお勧めを聞いて決定。

食べ終わり店を出ると、
案の定また一人デイスプレイを見ている方を発見!


にほんブログ村