コロナから一番遠い日

いやはや、もうそろそろ終わってもらいたいのですが、

新型コロナの話です。 😉 

このところ絶好調になってるやおまへんか!

でもって、高齢者や基礎疾患のある人は気をつけるようにとテレビをつければ流れてくるわけです。

一応、おチュウも昨年前期高齢者の仲間に入れていただきましたし、

血圧も高めなので最も危ない範疇の人なのです。

昨日は朝から天気も良くないく、無理して出かけても行くところもない!

ということで、自粛生活となりました。

本来なら人のいないところをひたすら歩くのですが‥‥

運動もできずじまいで‥‥スマホ見ると22歩

すると、行動しないのだから情報が何も入ってこないわけです。

ボーッと抜け殻状態‥‥

ゆうチュウさんは引っ越してきて10年目にしてお風呂の操作方法を勉強?

結局二人とも外界から遮断され誰とも会わず、

ということはウイルスとの接点もなし 🙄 

昨日はもっとも安全な日でしたが、

健康という大きな視点からはあまり褒められたもんじゃないなあ


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

なまこを食べると父親を思い出す

小さい頃、父親がなまこを食べながら熱燗をうまそうに飲んでいた記憶

そう、なまこには熱燗 😀 

冬の味覚なのです

でも、子供にとってあのヌメヌメした食感は苦手でしたねえ

大人との間に深い溝を感じたものです

何か別の生き物であるかのような‥‥

でも不思議なものです、あれから数十年

毎年冬になると一度はなまこを買って食べるのですから 😐 

昨年は買いそびれてしまい、店に行ったときには季節が終わってました。

そこで今年こそはと思い、なまこを買い求めたのです。

ヌメヌメ感とコリコリ感、そしてポン酢の酸っぱさがたまらなく熱燗に合うのです。

そういえば、元同僚は冬の夜中に海辺に出かけ、なまこを探していました。

そこまでの執念はありませんが、

今年はなんとか口にすることができました。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

福娘さん出動の朝

世の中何が起ころうが、一年経てば同じ季節がやって来ます。

年が明けて一週間も経てばえべっさん

折しも大寒波襲来、そしてコロナ禍という厳しい状況ですが、

おチュウは寒風吹きすさぶ天神橋筋商店街を歩いておりました。 😎 

道行く人は少なく、冷たさこの上なし‥‥

すると、そこに福娘たちが颯爽とやって来ます

係のおっちゃんたちを引き連れて、これからまさに出動か!

頑張ってください、寒いけど体に気をつけて!

おチュウは心の中で語りかけていました

まあねえ、そうはいっても福娘もバイトのはず

これで少しは稼げると内心ホクホクなのかもしれません 😉 

福娘になるにもけっこう選考なんかあって狭き門らしいのです。

ここだけの話ですが、ゆうチュウさんも数十年前学生の頃、今宮えびすの福娘に応募したらしいのです。

1次合格で、2次は着物で来てくださいと要求され行かなかったとか 🙁 

まあ、えべっさんといってもいろんな人にいろんな記憶があるのです

あの福娘たちは人生にどんな記憶を残すのでしょうかねえ


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

プチうな丼という微妙な食べ物

先日ゆうチュウさんと阪急三番街の江戸川に入りました。

うなぎはずいぶん久しぶり 😀 

庶民は滅多に口にしませんしねえ

まあ今年のはじまりということで景気づけですね

ところがおチュウはお昼の定食の方に目移りがして注文!

だが‥‥定食にはうなぎがない

じゃあ、なぜうなぎ屋に入ったんだと後悔が沸々と‥‥

すると、メニューにプチうな丼追加できます!

なるほど! これなら一応うなぎも食べたという満足感を提供してくれる

で、躊躇なくプチうな丼を追加

ほどなく膳が運ばれまして、ゆうチュウさんはうな重

おチュウはプチうな丼

確かにご飯に一切れだけ載っておりましてぷち感あるなあ 🙁 

つまり、お得感もさることながら、みじめ感もあることを認識

これならいっそのこと注文しない方が良かったのか‥‥

いろんな思いが頭の中を交錯

結論としては、中途半端なことはやめた方が良さそうだ!

とりあえず、いただきますという号令と共に一切れを一口で食べました。

うまい!


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

寒い日に冷たいドリンク

ふと気付いたのですが、冬真っ盛りの昨今

ちょっとコーヒーでもと喫茶店に入り飲んでいたのはアイスコーヒー 😯 

窓の外は北風が吹き、道行く人は身を縮めて歩いています。

でもおチュウは氷がいっぱい入ったアイスコーヒー

冷静に考えておかしいよね

そんな気がしてきたのです。

部屋の温度設定は万全で、快適な空間であることは間違いないし、

服装にも防寒が施されている。 😕 

ただ‥‥小さかった頃を思ったのです。

あの頃は暖房といっても火鉢や練炭にこたつ程度で、

すきま風の入る部屋で震えていたんだ!

さすがに熱いお茶をすすっていた記憶しかない

今は寒い日に氷満載のアイスコーヒーをグビグビ飲んでいる

いい時代まで生きながらえたというべきなんだろうなあ

と思いつつ、冷たくて美味しいものだからさらにぐびぐびやってしまった。

おなかが冷えた‥‥そして緩くなってしまった

調子に乗ってはいけない、ほどほどにしないと

寒風が吹いているのは今も昔も同じだ!


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ