アルミ缶不足のニュースにおじさんたちを思う

カナダの話ですが、
米国との貿易の小競り合いでビールのアルミ缶が不足しているらしいのです。

日本ではそのような話は聞きませんが、
ふとアルミ缶を回収するおじさんたちを思い出しました。

真夏の暑い日や真冬の凍てつく朝でも、
毎日大きなビニール袋いっぱいにアルミ缶を入れ
路地から路地へと空き缶を捜し歩いているのです。 😕

でもあの袋いっぱいに集めても大した金額にはならないはずです。

コスパの悪さに思うところのあるおチュウではありますが、
アルミ缶回収をして生計を立てざるおえない姿を目の当たりにして、
生きていくことの厳しさを垣間見る瞬間でもあります。

しかし結果として、
アルミ缶のリサイクルに貢献していることになり、
多少なりとも日本を底辺から支えているともいえるのですが、
多分おじさんたちにはどうでもいいことなのでしょう。 🙁

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です