危うい橋

宇陀です。

山道を歩いていると川があり、

橋らしきものが横たわっています。

辺りを見回しても、

これ以外向こう岸に渡る方策はなさそうです。

渡って山手の方に行ってみたかったのです。

 

しばらくどうしたものか考えましたが、

ここで勝負をかけてどれほどの意味があるのかとか、

これはきっと勇気を試されているのだとか、

いろんな解釈が頭をもたげてきました。

 

おチュウには渡る勇気がありませんでした。

橋が途中で重さに耐えきれず崩壊し、

おチュウが川に転落した場合、

助けを求める人がいつここを通るのだろうかという

相当現実的な不安にぶつかったためですが、

それほどこの辺で人に会うのは困難な状況でした。

かれこれ一時間以上人には会っておりません。

でも振り返ると

太陽光パネルの並んでいるのが目に入りました。

過疎の町と先端技術の融合という形に少しホッとしましたが、

崩壊寸前の橋はちょっと違うなと思った次第です。

 

[アディダス] ランニングシューズ Galaxy 3 KDV76 (17春夏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です