土地勘とは

Exif_JPEG_PICTURE

梅田の駅前を一望できるビルで

ゆうチュウと待ち合わせをしました。

 

外を見てしばらくほげーっと ——

ふと下の方を見ると工事中です。

かなり広範囲にわたるようですが、

また新しいビルが何棟かできるのでしょう。

 

そして完成した頃には

また別の場所でビルの取り壊しが始まり

建設が始まる。

 

街の再生は一時の休みもありません。

数年後にやってきた時は、

以前の景観はすっかり忘れ去っているかも知れません。

 

これが東京だともっとダイナミックです。

学生時代に暮らした場所に行っても

面影が全くなかったりします。

 

しかし、如何に変わろうとも

不思議と行けてしまうのは、

土地勘があるということでしょう。

 

建物は変わってしまっても

道は容易には変わりません。

たぶん歩いた道の記憶が頭に残っていて

それが土地勘として発揮されるのではないかと

おチュウは考えています。