ゴマすりシニアに身構える人

ゴマすりシニアと言っても、何も深い意味はありません。

昨日、昼食時のことです。

トンカツ定食が美味しそうでしたので注文しました。 😀 

膳にはゴマが小さなすり鉢に入っており、横にすり棒が……

これでゴマをすれということなのでしょう。

さっそくゴマをすり、トンカツのタレを入れてと……

 

先を急ぎました。

なにしろお腹が空いていましてね、どうしようもない!

トンカツを今調製したごまダレにつけて、口に運びました。

そこまでは、順調!

 

しかし、タレの調製を雑にやったため、ゴマが均一に混ざっていなかったのです。 😳 

口の近くまでトンカツが来たとき、ゴマを吸い込んでしまいましてね。

咳き込むことに……これはもう無条件反射でしょうね。

しばらく咳が止まらず四苦八苦!

 

とその時、少し離れた席に座っていた年配の女史から視線がビシビシと……

時節がらオミクロンの気配を感じ取ったのでしょうねえ。 🙁 

当方は違いますよ……と、心の中で叫んでしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

散髪と北風