夢のあと

Exif_JPEG_PICTURE

備中高松城跡を訪れました。

もう数週間前のことですが、

けっこう暑い日の午後のことです。

 

有名な水攻めがなければ、

なんてことはない田舎の城で終わっていたことでしょう。

歴史とは不思議なものです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ここから秀吉の中国大返しが始まり歴史が動いたのですから、

夏の日の静まり返った風景を見ながら

おチュウは遥か昔に思いを馳せたのでした。

 

しかし、驚いたのは

近くの老舗らしい店に

水攻め饅頭という驚くべき名前の

名物があると聞き立ち寄りました。

 

これも水攻めがなければ

普通の饅頭屋さんで終わっていたことでしょう。

 

さらに驚いたのは

水攻め音頭というのがあるらしいのです。

近くの資料館での話ですが、

内容は城主・清水宗治を称える内容のようで

少しホッとしました。

 

こののどかな景色は

当分変わって欲しくはないと思いました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です