僧侶の願いは

Exif_JPEG_PICTURE

もうずいぶん以前から、

一心不乱にお経を唱える僧侶を目にします。

 

不定期に街角に立ち、

暑い日も寒い日も

前方を見つめ唱え続けているのです。

 

道に落ちているゴミを

拾っていることもあります。

 

僧侶の目的とは?

おチュウには知る由もありません。

 

年の瀬の寒い日に

100円玉を僧侶の持つ鉢に入れたことがあります。

 

すると、一瞬お経を止め、

強く大きな声で

良いお年をと一言返してきました。

それっきりまたお経です。

 

修行の一環でしょうか

よく見ると笠はほころび

厳しい日々の鍛錬の果てなのかもしれません。

 

緩いおチュウとは別世界の方です。

何を唱え続けているのか、

その目的は如何に?

 

もうかなりのお歳のようなので、

しばらく見かけないとちょっと心配になり、

久しぶりに見かけると

ちょっと安心し、嬉しくなるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です