公園のベンチ

公園を斜めに横切る長い歩道があります。

中ほどにベンチが等間隔で三台並んでいて、

いつもはそこにおじさんが横になり、

寝ていることが多いのです。

Exif_JPEG_PICTURE

いつから? いつまで?

暑い夏の日も、厳冬の朝も —–

 

前を通り過ぎ、

数時間後、用を済ませて帰り道。

まだ寝ています。

 

ベンチの背後には広い運動場があり、

子供たちがよく遊んでいます。

ときにサッカー教室なども開かれているようです。

 

ある日通りかかると、

ベンチに幼児向けの動物の絵が描かれていました。

このベンチは、

“子供たちのものでもあるのですよ”

という無言の呼びかけなのでしょうか。

 

少なくともその日はベンチに寝そべっている

おじさんの姿はありませんでした。

 

かと言って、

座ってい子供の姿もなく ——-、

おチュウにはおじさんが排除されただけのように映りました。

 

難しいねえ!

些細なことかもしれないけれど


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です