現代風小川で戯れる子供たち

おチュウの子供のころ
近くには小川が流れておりまして、
ずぶぬれになりながら遊んだものでした。

岸辺には雑草が生い茂っていたため、
どこから川なのかよくわからず、
近づいていくと自然と川の中に入っているといった具合で、
エビやらメダカやらよく捕まえなものです。

先日地下街を歩いていると、
店の周囲を小川に見立てて水を流しており、
ちょっとした清涼感を出そうとしています。

その脇で子供たちが中をのぞいておりました。

まあどばり込んだところで大した深さではないのだろうけれど、
お母さんが盛んに近づくなと声を張り上げているのです。

おチュウの子供のころとは違って、
守られているなあと思ったのですが、

ただ、そこには魚もエビもなく、
人工の浄化水が流れているだけなのです。

なかなか清涼感は出せても
子供の好奇心を満足させるのは難しいと思った次第です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です