風雪に耐えたパンダ

全身傷だらけのようです。

 

おチュウの近くに巨大マンション群があり、

もう古い建物で数十年の月日が経っています。

その一角に木々に埋もれたように辺りに同化した空き地

昔はそれらしき公園だったのかもしれません。

子供たちが立ち寄り遊戯したのでしょう。

そこにパンダたち

 

今はもう見向きもされていないのかもしれませんが、

なんとなくまだ愛嬌を振り向いているような気配もあり、

でもこの傷み具合が何とも言えない寂しさを漂わせ、

むしろ見る者に哀愁を感じさせる。

 

実際、動物ではないんだけど

動物の格好している置物だけに

そこは何とも違和感を覚えてしまうのです。

置き去りにされてしまった悲しさというか —–

時間が止まっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です