フクラスズメ

右手に竹やぶが迫る薄暗い山道を登っていくと、

突然視界が開け、

前方にイラクサの大群生地が出現しました。

少し行くと、

フクラスズメの幼虫が大発生していて、

片っ端からイラクサの葉を食べていました。

Exif_JPEG_PICTURE

フクラスズメといっても、鳥ではありません。

です。

 

これほどおびただしい数を目の当たりにしたのは初めてです。

ちょっと目につくだけでも200匹以上はいますねえ。

面倒くさくなって、

数えるのを途中でやめてしまいました。

 

気の毒に —–

茎の部分を残して丸坊主状態となっています。

もうこれくらいにしておいてやれよ ←心の叫び

 

成虫は全身こげ茶色で、

見た目地味な冴えない蛾だけど、

幼虫は派手な装いですねえ。

目立ちすぎだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です