急にカラスが多くなったのですが……

大川沿いを歩いていると、ときどきカラスが柵にちょこんとつかまりこちらを見ていたりします。

近くに行くと結構大きいのに驚くうえ、くちばしが意外と大きく全体が真っ黒であることから得たいにしれない怖さも感じます。

まあ、一羽二羽程度でしたら、またいるな程度ですむのですがね。

最近目立って数が増えてきたので……、少々戸惑っています。

しかも、特定時間に決まった場所で群れを作ってたむろしています。

これはもう誰かが餌をやっているとしか思えません。

目撃したわけではないので、推測の域を出ませんが……。

 

しかし、カラス社会でもコミュニケーションはあるのでしょうか?

日に日に数が増えてくるということは、

あそこにいつ行けば美味しいものに有り付けるということが伝わっているってことですからねえ。

鳥社会も情報収集能力が生きて行くには重要なのでしょう。

でも、カラスの群れが道を塞ぐようにたむろしていると、本来人間様の道でありながらうつむき加減に小走りに通り過ぎたりするわけで……。

何か悪いことでもしているのかと、錯覚している自分も情けない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。