招き猫と張子の虎

 

先日旅先の太宰府天満宮参道脇の土産物屋で、

景気よく手を振り続ける招き猫が気に入り、

購入しました。

リビングに飾っています。

ソーラー式で、

明るいうちは手を振り続けてくれます。

便利な世の中になったものです。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっと前までは

自分で猫の手を動かしたり、

それ以前は

固定で動きませんでした。

 

だからどうだというものでもありませんが、

こんなところにもハイテクの波が —–、

という感慨はあります。

 

ふと張子の虎を思いました。

ずいぶん前ですが、

旅先の金沢で買い、

おチュウの部屋に飾っています。

Exif_JPEG_PICTURE

張子の虎は、

ずっと昔からあの形式で、

触れば首を振り、

放っておけば程なく止まり、

以降不動の状態です。

ソーラー式は出現していません。

 

うーん、

ソーラー式は似合わないかもね。

頭は時々動かすからいいんだ。たぶん

手の振りは、

呼び込む意味はあるけれど、

首振りに、

深い意味はない。

伝統工芸だしね

 

てなことを考えてるおチュウでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です