忘れ去られた標識

おそらく、さっそうと登場したのでしょう。

ピカピカに光り、塗料の匂いなんかまだするような状態で!

ずいぶん働いたのかも知れません

雨の日も、灼熱の日も、

台風の日には強風で飛ばされかかったかもしれません。

Exif_JPEG_PICTURE

そして才月が流れ ——

ペンキははげ、さびて、曲がって、ほとんど読めなくなって

気がつけば道の片隅に放り出された状態で

見向きもされずに

ただ重たくて、安定がいいもんだから

今日も気配を消して立ってはいますけどね。

 

もういい加減、引退したいなあ

でも引退しているのに等しいかもね

だってここは意味のないところだからね

 

そう言っているような気がしました。

 

おチュウは心の中で、

お疲れさまでした”と言っていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA